おすすめの服装とは

面接用のスーツ

面接にふさわしいスーツがあるので、必ずそれで行ってください。
リクルートスーツと呼ばれる種類が。面接用のスーツになります。
色は、黒か紺色が無難です。
派手にならないよう、シャツの色は白にしましょう。
白いシャツを着ると、下着が透けて見えてしまう可能性があります。
それは清潔な恰好とは言えないので、下着が透けにくいシャツを着用しましょう。

男性はパンツしかないのでいいですが、女性はパンツとスカートのお2種類があります。
どちらかをしている会社は少ないですが、スカートの方が好印象に見える傾向があります。
よほどの事情がない限り、スカートを着用しましょう。
スカートの長さに気をつけてください。
膝より丈が短いと、派手に見えます。

服装の注意点

時々面接を受ける時は、服装自由と記載している会社が見られます。
その言葉を信じて、私服で行ってしまう人がいます。
ですが、例え会社から服装自由と言われていた場合でもリクルートスーツを着ていくべきです。
常識があるかチェックするために、わざとそのような通達を出しています。

また、リクルートスーツに合わせる靴も大切です。
スニーカーなどは絶対に合わせないでください。
男性も女性も、革靴が基本です。
女性は、パンプスを履く人が多く見られます。
しかし、面接の日はたくさん歩き回ることが考えられます。
ヒールの高いパンプスでは、足が痛くなってしまう危険性があるので気をつけてください。
ヒールが低く、歩きやすいパンプスにしましょう。