有利になるメリット

長さを意識する

男性は基本的に、髪の毛は短く切ってください。
就職する前は大学生だった人が多かったと思いますが、その時は自由な髪型にできていたでしょう。
ですから男性でも、長い髪の毛を楽しんでいた人が見られます。
しかし社会に出ると、そのような髪型は好まれません。
例え結んでいたとしても、仕事にふさわしくない髪型だと思われます。
きちんと切ってから面接に行きましょう。

特に、年齢層が高い人は男性の長髪を好まない傾向が見られます。
社長などトップクラスの人から嫌われたら困るので、万人受けする髪型にしておきましょう。
女性は長くても良いですが、邪魔にならないよう結んでください。
下の方で1つに結ぶ髪型が最も好まれやすいと言われます。

カラーに注意

忘れやすいのが、髪の毛のカラーです。
明るい色をしている人は、就職活動が困難になります。
染めている人は、髪の毛を黒くしてから就職活動に臨んだ方が良いでしょう。
会社の決まりを見ると、髪の毛のカラーに詳しい決まりがないところがあります。
ですが就職活動をする時ぐらいは、黒い髪の毛に戻してください。
その方が真面目に見えます。

無事に面接をクリアして会社で採用されたら、規則を破らない程度に髪の毛を明るく染めても良いでしょう。
就職活動をしている時だけなので、ガマンしてください。
ドラッグストアに行くと、自分で髪の毛を黒く染める染料が販売されています。
しかし上手く染まらず、汚くなる可能性があるので美容院へ行った方が良いでしょう。